神戸の矯正歯科でコンプレックス解消「治療中に現れる歯の悩み」

どんな方法で矯正治療ができるのか

初めて矯正治療に挑戦するという人は、矯正歯科で行っている治療方法を調べておきましょう。治療方法が分かれば、挑戦しやすくなるかもしれません。

歯列矯正の種類

歯医者と歯

インビザライン

目立ちにくい透明のマウスピースで、コンプレックスとなっている歯並びを整えていきます。矯正できる症状は限られていますが、目立ちにくいといったメリットがあることで有名です。

ミニインプラント

約1~2ミリの細い引掛け棒を歯茎部分に入れ、動きにくいといわれている部分の歯を動かす矯正治療です。治療期間を大幅に減らすことが可能ですが、異物感を感じるため、慣れるまで辛抱しなければいけないでしょう。

ブラケット矯正

ワイヤーブラケットを使った矯正治療は痛いというイメージが強いと言われていましたが、最近は苦痛を抑えられる治療方法もあります。そのため、昔より痛みを感じくいと言われています。

神戸の矯正歯科でコンプレックス解消「治療中に現れる歯の悩み」

器具

痛みを感じる

ワイヤーブラケット矯正は、矯正歯科で行っている治療の中でもポピュラーな方法です。しかし、ワイヤーをつけたばかりの時期は歯に痛みを感じることがあります。歯の痛みは数日で落ち着きますが、痛みを我慢するのが厳しいという場合は矯正歯科で相談してみましょう。

ウーマン

歯がしみる

矯正治療をしているとき、冷たい物がしみる・・・という症状に悩まされる人が多いと言われています。冷たい物がしみるといった症状が数日続く場合や、温かい物がしみる場合は、歯髄が炎症を起こしている可能性もあるため矯正歯科で調べてもらいましょう。

女の人

親知らずが生えてきたら

神戸にある矯正歯科では、矯正治療中に親知らずが生えてきてしまったときは、時期をみて抜歯という方法で対応していると言われています。親知らずは、トラブルがおきやすい歯と言われているため、抜歯しても問題がないのでしょう。気になる人は、矯正歯科で治療をスタートする前に担当医に対処方法を確認してください。

どんな症状に悩まされるか知っておこう

神戸にある矯正歯科では、ブラケット矯正以外の矯正治療も行っています。そのため、矯正に挑戦するときは治療をすることで、どんな症状が現れるか、どんな方法で対処してもらうことができるのか調べておきましょう。

広告募集中