子どもの歯を矯正するタイミング

子どもに矯正治療を受けさせる場合、歯が生え変わることから6歳から10歳にかけて始めていくのが良いとされています。永久歯になる前に矯正器具で歯並びを整えることで、新しい歯をキレイに成長させる効果があるためです。

矯正治療の器具を比べてみました

歯に負担をかけないデーモンシステム

従来のワイヤーとブラケットを使った矯正と比べ、歯にあまり負担をかけない施術方法です。これをデーモンシステムといいます。また、以前の方法よりも歯に合った力で矯正していくので、治療の期間が短くなります。また、清潔感があり、矯正によってできやすい虫歯や歯周病のリスクを大きく減らすことができるので、子供の矯正にもとてもおすすめです。

取り外しできるインビザライン

透明なマウスピース型の矯正器具です。自分で簡単に取り外しできることが特徴です。ほとんどの矯正器具は、歯磨きや食事の時に邪魔になってしまう事がありますが、インビザラインはいつでも外すことができるのでほとんど日常生活に支障をきたすことがありません。子供の矯正にも最適です。

[PR]
長堀橋でインプラント治療
まるで自分の歯のように噛めると人気

インプラント治療を受けられる年齢「矯正治療もタイミングが大事」

ティース

歯を治すインプラント治療とは

インプラント治療とは、歯がなくなった部分にチタンなどで出来た歯根を埋め込んで、その上から人工の歯をつける施術です。自分の歯と同じような見た目や機能を取り戻すことができます。しかし、インプラント治療は誰でも受けることができるというわけではありません。子供や妊婦のほかにも、病気を持っている方は受けることができない場合もあるので気をつけましょう。

歯型

子どもが受けることのできない理由

子どもは日に日に骨が成長しています。そのため子どもにインプラントを埋め込んでしまうと、正常な歯並びからインプラントがずれてしまったり、周囲の歯にインプラントがあたって歯並びが悪くなってしまったりしてしまいます。骨の成長が止まると歯並びに大きな変化がなくなるので、インプラント治療を受ける際はその時期まで待ちましょう。骨の成長が止まる時期は大体18~20歳なので、身長が伸びなくなった時を目安にすることができます。

ティース

子どものときに歯を失ってしまったら

インプラント治療できない子どものときに歯を失ったら、部分入れ歯や仮歯をつけます。歯がない状態を放っておくと、噛み合う歯が伸びてしまったり、失った部分の左右の歯が動いてしまったりと歯並びや噛み合わせに影響がでます。もし歯を失ってしまったら、その後の健康のためにまずは歯科医師に相談しましょう。

[PR]
福岡の歯科を利用しよう!
24時間予約ができちゃう♪

治療の流れ

男の人

まずは相談

矯正歯科で施術を受けるときも、インプラント治療をするときもまずは歯科医に相談しましょう。どのくらい症状が進んでいるのか、どんな治療方法を希望しているのか歯科医と話し合うことができます。

検査で症状を詳しく調べる

口腔内の症状は、目で見て判断できる物もあれば、判断しにくい症状もあります。そのため、レントゲン写真を撮り、詳しい検査を行って確認していきます。

検査結果と治療方法の説明

検査の結果と、どんな治療方法で治すことができるのか説明します。治療方法は矯正歯科やインプラント治療の医師と相談し、決めることができるでしょう。

治療スタート

方針が決まったら、いよいよ治療スタートです。歯並びを治す場合は矯正器具を装着し、インプラント治療をする場合は綿密に計画を立てていきます。

定期的に検査を受ける

矯正治療の場合は、器具を設置した後、口内チェックのため定期的に受診するようにして下さい。インプラント治療の場合もきちんと歯科を受診し、口腔内状況を整えながら治療を続けていきます。

[PR]
矯正歯科治療を京都で受けよう
優良Kクリニックを厳選紹介♪

広告募集中